海外 一人旅 体験談

初めての海外一人旅はわからないことだらけで不安でいっぱいでした。このブログではそんな私の海外一人旅の体験談をつづっています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海外で日本の電化製品を使うためのポイントを簡単に解説!







今日も、マレーシア一人旅のために少し調べ物をしておきたいと思います。

今日は、海外で日本の電化製品を使うための電圧などのことについて。

当然ですが、海外と日本では、
コンセント(プラグ)の形や電圧などが違います。

日本の製品をそのまま使うことができないことが大半です。

しかし、海外の大半のホテルでは、変換プラグが用意されていたり、
されていなくても、ホテルのフロントに言えば借りられたので、
これまで詳しく調べたりしませんでした。

要するに

「なんとかなるっしょ♪」

という感じで、きちんと調べずに一人旅していたのだ(笑)

(実際、なんとかなるのであまり神経質になる必要はありません)

ただ、これから何度も海外へ行くわけだから、
今回ちゃんと調べておこうと思いました。

調べてみると、意外と簡単、ポイントはたった2つ。


コンセント(プラグ)の形



電圧


です。


まず、プラグの形ですが、
形が違えば物理的に差し込めないので、使用できません。

で、海外と日本とでは、コンセント(プラグ)の形が違うことが大半。

なので、変換プラグが必要となります。

(この変換プラグは、
変換するのは形だけなので注意!詳しくは後述します)

で、調べ物ついでに、今回変換プラグを購入しました。


→  海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応


ほとんどの国に対応しているであろう、
マルチプラグなるものを購入しました。

670円と、かなり安いです。

安いので、心配性な人は、購入しておいていいかもしれません。

要するに、コンセント(プラグ)の形が合っていないといけないということ。

これがポイントの1つめ。

・・・・

次のポイントは電圧です。

日本と海外では電圧が違います。

日本は100ボルト。

ちなみに、マレーシアは220ボルトらしいです。

電圧が違う海外で、日本のみ電圧のみ対応の電化製品を使用した場合、
最悪、壊れたりするらしいです。

しかし、現在の電化製品の大半は、
100V-240Vまで対応しています。

なので、海外でそのまま使えるものが大半だということです。

しかし、念のために使用する電化製品が
海外の電圧にも対応しているか調べておいた方が安心ですよね?

調べ方ですが、注意しなければいけないことは、電圧を調べるためには


電化製品そのものを調べるのではありません!!


ということ。

例えば、携帯電話の対応電圧を調べる場合に、
携帯電話そのものを調べるというわけではないということです。


携帯の裏面を見ても、中を開けてみてもどこにも書いていません。

私はこれを理解できなくて、しばらくさまよってました(笑)


書いてあるのは、充電をする際に使用するアダプターです。


私の携帯ギャラクシー2の場合は以下のもの。

アダプター 携帯


要するに、電圧を調べるためには、
コンセント(プラグ)がついている機器を調べなければいけません。



これにAC100V-240Vと書いてあれば、
海外でもそのまま使えると思って大丈夫です。


例えば、ノートパソコンの場合は以下のようなACアダプターに書いてあります。

ACアダプタ パソコン

以上2点をおさえておけば大丈夫みたいです。

要するに、大半は、変換プラグさえ、用意しておきさえすれば、大丈夫そうですね。

| 海外一人旅のコツ | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitorijourney.blog.fc2.com/tb.php/46-b72cb756

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。