海外 一人旅 体験談

初めての海外一人旅はわからないことだらけで不安でいっぱいでした。このブログではそんな私の海外一人旅の体験談をつづっています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイのタクシーでぼったくりにあわない方法







タイのバンコクへ行った際、
色々と問題が起こったのはタクシーでした。


そんなタイのタクシーについて、あなたがぼったくられないために
タイのタクシーの体験談や注意点やぼったくられない方法について
話をしたいと思います。



まず、こんなこと言うと

「タイのタクシーは危ないのかな?」

と思うかもしれませんが、危険なことはありません。

そして、タイのタクシーはめちゃくちゃ安いです。

目安として、日本の1/10くらいの感覚でしょうか。

30分以内であれば300円もあれば十分です。

つまり、タイのバンコクの繁華街ならどこへでも
大体300円くらいでいけるというわけでめちゃくちゃ安いのです。

ただ、タイのタクシーで問題となるのは、英語が通じないことです。

私はタイへは友人と行きました。

そこで着いたなりに、とりあえず繁華街に行こうということで
ホテルのフロントにタクシーを呼んでもらいました。

そして、タクシーに乗り込んで、
運転手に行き先を伝えますが要領を得ません。

その運転手はこう連呼するのです

「エムケー?オアー、シャムエムケー?」

私も友人もさっぱり意味がわかりません。

行き先を色々な表現で伝えても、この運転手は

「エムケー?オアー、シャムエムケー?」

と繰り返すばかり。

最後は紙に書き出して、

「エムケー?オアー、シャムエムケー?」

最終的にあきらめて降りました。

未だにこの意味がわかりません。

誰か知っている人いますか?(笑)

で、しょうがなく次のタクシーを見つけて乗り込みます。

(正確にはタクシーではなくトゥクトゥクでしたが)

行き先を伝えると、今度の運転手は
大きくうなずいて車を発進しました。

しかし、10分ほどたつと、
なにやら薄暗い路地裏に進んでいきます・・・。

「あ~これはやばいな・・・」

と直感しました。

タクシーはお店の前に泊まりました。

そこにはいかつそうな男たちがたむろっていました。

タクシーを降りて、店の前に行ってみると、
何のお店かすぐわかりました。

そうです。

そこはいわゆる夜遊びのお店でした。

タイ旅行をする人へのアドバイスですが、
タイの運転手はおそらく夜遊びをする日本人観光客を
お店につれていくことでバックマージンをもらうという商売を
している運転手が大半だと思います。

そして、おそらくこのバックマージンは大金になるかと思います。

なので、タクシーの運転手は、あきらかに男の観光客で
それ目当てっぽい人には、なんとかして、強引にでも、
連れてこようとします。

現に、この時私たちを連れてきた運転手は、
私たちが立ち去ろうとしているにも関わらず、
しつこくついてきました。

なんとか振り払うことができましたが、
この出来事は、タイについたなりだったのでけっこう怖かった。

で、結局、また次のタクシーを見つけて、
ようやく繁華街につけました。

到着するまで、3台の乗り継ぎです(笑)

かかったお金も3倍で、
かなりタイのタクシーが安いといっても、割高になってしまいました(笑)

・・・・・

で、あなたに私の経験を元に、タイのタクシーで
ぼったくりに合わない方法を教えたいと思います。

結論的には、タクシーの運転手に、


夜遊びが目的ではないようにすればいいのです。


具体的には、繁華街へ行きたい場合でも、


行き先を、その近くの別の施設などを指定していけばいいのです。


例えば、地図で繁華街近くの美術館を指さして、
了解したタクシーにだけ乗り込めばいいのです。

あやふやな態度の運転手なら、全部スルーすればいいのです。

タクシーはいくらでも走っているのですから。

こうすれば、ぼったくりにはあわないし、
お店にも連れて行かれないと思います。

(2日目以降はこの方法で問題なくつくようになりました。)

あと、常識かもしれませんが、タクシーに乗り込んだときは、
メーターを起こしているのを確認してください。

起こしてなければ「メーター」と行ってください。

ぼったくられる可能性がありますからね。

| タイ一人旅 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitorijourney.blog.fc2.com/tb.php/30-b1be81cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。