海外 一人旅 体験談

初めての海外一人旅はわからないことだらけで不安でいっぱいでした。このブログではそんな私の海外一人旅の体験談をつづっています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンガポールの観光スポット:マーライオン像







こんにちは、TAKAです。

今日も1つシンガポールの
観光スポットを紹介したいと思います。

それは

・・・・


マーライオン像


です。

言わずも知れた、シンガポールで
最も有名な観光スポットだと思います。

ほとんどの人がシンガポールを訪れたら

「とりあえず見ておこう」

というスポットだと思います。

ちなみに、シンガポールには
マーライオン像が5体あるそうです。

さすがに全部を見て回るほどでは
なかったので私たちはメジャーな
2体のマーライオンを見てきました。

まず、一体目は

「マーライオンパークのマーライオン」

です。

ライオンパークのマーライオン2

マーライオンパークのマーライオン1

ここが最もメジャーなマーライオンです。

見ての通り口から
水を吐いているのが特徴です。

やりたければ、
その水をかぶることもできます(笑)

ちなみに、
後ろに見えるのはこれも有名な

「マリーナベイサンズ」

です。

そして、2体目のマーライオンは

「セントーサ島のマーライオン」

です。

セントーサ島のマーライオン2

セントーサ島のマーライオンの
特徴は像自体が建物になっていて、
登ることができることです。

口の所から景色を眺めたり、
頭の上に登ることができます。

ちなみにこれが頭の上に
登って撮った写真です。

セントーサ島のマーライオン1

ちなみにですが、
「セントーサ島のマーライオン像」
に登る前にマーライオンの歴史というか、
由来を教えてくれる
アニメを見させられます。

あなたは
マーライオンの意味とか
由来を知っていますか?

マーライオンの由来は

11世紀にマレーシアの王族が対岸に見える
大地を目指して航海の旅に出た際
、途中で海が激しく荒れ、
王族が被っている王冠を海に
投げたところ、海は静まり無事に
その大地にたどり着くことができた。

その時、ライオンが現れて、
王族にその大地を治める事を
許して立ち去った。

マーライオンの頭部は
このときのライオンを表している。

また魚の尾は、古代都市テマセック
(ジャワ語で「海」)を象徴している。

王族は、その大地を「ライオン(Singa)の
都市(Pura)」を意味する
「Singapura(シンガプーラ)」と名づけ、
マーライオンを国の守り神として
祭ったという伝説がある。


要するに

マー(海)とライオンが
組み合わさったのが
マーライオンということです。

別に何もありませんけど、
知っておいて損はないかと思います(笑)

| シンガポール | 15:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitorijourney.blog.fc2.com/tb.php/133-566dc76b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。