海外 一人旅 体験談

初めての海外一人旅はわからないことだらけで不安でいっぱいでした。このブログではそんな私の海外一人旅の体験談をつづっています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国の元から日本円への計算方法「1元は何円なのか?」







さて、今後の海外一人旅の行き先は中国の上海にしようかと思っています。

そこで、毎度のごとく、
中国の元から日本円への計算方法を調べたいと思います。

(要するに「1元は何円なのか?」を調べると言うことです)

さっそく「ヤフーファイナンス」で調べてみました。

すると、2013年11月4日時点では


【1元 = 約16円】


ということがわかりました。

ちなみに調べてると、少し前まで一元12円の時もあったみたいですね。

かなり大きな差です。

まあ、別に長期の旅行じゃないし、
大きなお金を使うわけでもないからそこまで関係ないんですけどね。

話がそれました。

話を戻します。


【1元 = 約16円】なので、
中国元から日本円への計算方法は
単純に16倍すればいいということになります。



ただ、これまで何カ国も海外一人旅をした中で
直感的、かつ、簡単な計算方法でなければ
必ず現地で計算ミスをするということを経験しています。

(例えば、ゼロを2つとって2倍にするという風な)

しかし、この中国元から日本円へ
直感的で簡単な計算方法はさすがになさそう。

15倍と切りよくしても、
私は暗算が苦手なので、すぐには計算できない。

なので、現時点での対応策としては、
常に携帯を所持しておいて、
すぐに電卓で計算できるようにしておくのがいいのではないかと思います。

(それか百均とかで小さい電卓を買っていくのが良いかも?)


例えば、550元を見たら、すぐに電卓で「550×16=8800」
と計算するのが一番ミスがなさそうな気がする。

・・・・・

ん~。

やっぱり電卓が使えない時のために何とか暗算できるようにしておこう。

この計算方法なら、
暗算ができない私でもなんとか計算できるのではないだろうか?

例えば、500元の物があったとしよう。

この場合、まず16×5だけを計算しよう。

これくらいならなんとか計算できる。

16×5=80

そして、これを計算した後に「500」のゼロを
2個つけるとしたら良いのではないか?

それで500元は約8000円とわかる。

完璧ではないけど、この計算方法でいこうと思います。

あとは、一応

1元 = 16円

10元 = 160円

100元  = 1600円

1000元 = 16000円

これくらいは覚えておこうと思います。

スポンサーサイト

| 中国(上海)一人旅 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国(上海)一人旅のための調べ物







さて、今日も中国(上海)一人旅のための調べ物をしていきたいと思います。

まずは中国の電源プラグ(コンセント)について。

結論から言うと、中国(上海)に行く際には変換プラグは必要なさそう。

電源プラグ形状

というのも、中国の電源プラグ(コンセント)の形状の大半は
CタイプとOタイプらしいのですが、どちらもついている場合が大半で、
Cタイプの場合は日本のコンセントがそのまま使えるようなので。

ただ、私は念のために、変換プラグを1つ持って行きます。

ちなみに、以下は私が持っている変換プラグなのですが、
これがあればほとんどの国の電源プラグに対応しているので
1つ持っておくと安心です。

→ マルチプラグ


あと、余談ですが、海外旅行へ行くときには、
三つ叉のコンセントなどコンセントの数を
増やせる器具を持って行きましょう。

というのも、海外旅行へ行くと頻繁に充電に迫られますが
その際にコンセントの数が足りないということが度々起こります。

なので、三つ叉のコンセントを1つ持って行っておいたほうが良いでしょう。

では次に、上海の気候について。

私が中国(上海)へ一人旅を予定しているのは11月です。

11月の平均気温は13度で、日本とほぼ変わらないようなので
あまり気をつかう必要はなさそうです。

次に、中国(上海)では入国の際に入国カードの記入が必要なようです。

最近行った国では入国カードが必要ない国が多かったので、
入国カードを書くのは久しぶりな気がする。

ちょっと調べてみたけど、
書き方は簡単そうだったから復習する必要はないかな。

最後に中国(上海)のおすすめグルメというか、
中国(上海)で食べたい料理について調べて見ました。

調べて見た結果

上海ガニ
上海ガニ

生煎饅頭

生煎饅頭

小籠包
小籠包

上海焼きそば
上海焼きそば

上記、4つは絶対に食べておこうかなと思った。

ただ、上海のグルメは、結局「中華料理」

中華料理は私たちにとってめちゃくちゃなじみが深くて、
普段から食べているものなので珍しいものを食べるというよりも、
美味しそうなものを食べればいいのかなという感じがしてます。

今日の調べ物はこんな感じで。

| 中国(上海)一人旅 | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国人の女性達はみんなブサイク!?その理由とは・・・?







さて、中国(上海)の一人旅から帰ってきました。

なので、これから少しずつ記事を更新していこうと思います。

まず、今日は中国(上海)で感じたカルチャーショックの話から。

その日は中国(上海)について二日目の朝でした。

ただ、前日、中国(上海)に着いたのが夜中だったので、
実質この日が初日みたいなものでした。

私は朝食を買うがてら、街ゆく人達の顔をボォ~っと眺めていました。

私は男なので、当然女性に目が行ってしまいます。

が、中国(上海)の女性達の顔を眺めていると”ある違和感”を感じました。

その違和感とは


「あれ?みんなブサイクだそ!可愛い子が全くいない!」


ということでした。

そう、街ゆく女性がみんな可愛くないのです。

「なぜかな?」と思って、街ゆく人達を
凝視してみるとその理由はすぐにわかりました。

中国の女性はほとんどが


すっぴん


なのです。

そう、化粧を全くしていないからブサイクに見えていたのです。

これは後から聞いて知ったことなのですが、
中国(上海)ではあまり化粧をする習慣がないそうです。

(もちろん化粧している人はいるが少ない)

それは


化粧をしている女 = 悪い女(おそらく水商売の女?)


という常識があるかららしいです。

しかも、日本と比べて、ファッションも洗練されてなくて、
ジーパンにスニーカーを履いているような女性ばかりで、
それも、見た目的に可愛く見えないことに拍車をかけていました。

(一言で言えばダサい女性が多い)

逆に、日本の女性は常に化粧をしていて、
ファッションにも気を使っていて
小ぎれいにしている人が多いんだなと実感しました。

ただ、1つ日本人男性として気になるのが


「化粧をしないような女性が彼女で中国人の男性は満足なのか?」


ということでした。

テレビを見れば化粧をしてキレイな女性達を見るはずです。

それなのに、横を見ればすっぴんの不細工な彼女・・・・。

「中国人男性は何とも思わないのか?」

「化粧しろと言わないのか?」

という疑問です。

これは結論から言うと、
中国人男性は「化粧しなくて良い」と思っているみたいです。

というのも、さきほど化粧をしている女 = 悪い女(水商売の女)という
固定観念があるという話をしました。

日本人の男性でも、水商売しているような彼女を持ちたくありませんよね?

化粧している女は、水商売している女とイコールなので、
同じ理由で化粧するような彼女を持ちたくないと考えているようです。

中国人男性は、彼女は化粧しなくて良いと考えているみたいですね。

ただ、私的には、やっぱりだましでもいいから、
化粧してキレイに着飾っていて欲しいな~と思いましたね。

| 中国(上海)一人旅 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国(上海)でのキャッシング方法  ATMの操作方法を動画で紹介!







さて、今日は中国(上海)でのキャッシング方法。

ATMの操作方法を紹介します。

説明するよりも動画で見てもらった方がいいですね。

ビデオで撮ったのでご覧ください。




中国(上海)のATMは、他の国のATMと大差はありません。

もし、心配な方は以下のサイトから
シミュレーターが使えるので一度やってみると良いと思います。

https://www.visa-news.jp/cu/guide02.html

あと、動画にもあるように、
海外のATMはまれに自動でカードが返ってこないことがあります。

私はこれで一度カードを取り忘れてしまって、カードをなくしかけた経験があります。

後で取りに行ったら幸いあったのでよかったのですが、
海外でクレジットカードをなくすのは死活問題です。

くれぐれもカードの取り忘れには注意してください。

あと、原因がわからないのですが、中国(上海)で
17時頃に追加のキャッシングをしようとしたらできませんでした。

翌日に再度試したらできたのでよかったのですが、
中国(上海)ではこういうこともあると覚えておくといいかもしれません。

| 中国(上海)一人旅 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国(上海)の地下鉄の切符の買い方(乗り方)を動画で紹介!







さて、今日は中国(上海)の地下鉄の切符の買い方を紹介したいと思います。

こちらも動画を撮りましたのでご覧ください。




中国(上海)の地下鉄はかなりおすすめです。

日本で電車に乗っている人であれば、
普通に乗れると思いますし、なにより安いからです。

(距離に応じて3元~9元。9元は日本円で約144円)

あと、余談がてら、中国(上海)の地下鉄に乗ってみた感想を少し。

まず、中国(上海)のお札はたまに状態が悪いものがあります。

そういったお札は地下鉄の自動販売機に入らない場合があります。

私は最初こういう状態になって「あれ?なぜ買えないんだ?」
と10分くらい混乱していました。

なので、覚えておくと良いと思います。

あと、予想はしてたんだけど、中国人の電車マナーはかなり悪い。

日本では普通先に降りる人が降りてから、その後に乗る人が乗ります。

しかし、中国(上海)では降りている最中にみんなガンガン乗ってきます。

なので、混雑しているときに降りる際には、少し早めに用意していないの
降りられないという可能性もあるので注意しておいた方がいいかもしれません。

まあ、そうは言っても中国(上海)の地下鉄は日本と大差はないので
ぜひ乗ってみてください。

| 中国(上海)一人旅 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。