海外 一人旅 体験談

初めての海外一人旅はわからないことだらけで不安でいっぱいでした。このブログではそんな私の海外一人旅の体験談をつづっています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベトナムの100ドンは日本円で何円?







近いうちにベトナムにも行くと思うので、
ベトナムの通貨について調べておこうと思います。

ベトナムの通貨はドン。

2013年4月26日の換金レートでは100ドン = 0.47165円。

小数点以下(笑)

さすがに、これでは換金の目安のイメージがわかない。

もう少し引き上げてみて、1万ドンなら?

1万ドン = 47.1651円。


おお、これなら、1万ドン = 約50円と考えれば、簡単かな。


10万ドンで500円。

100万ドンで5000円。

てか、100万ドンって、馬鹿でかい金額だな(笑)

換金で間違えそうな気がするので、気をつけよう。


ちなみに、350ml缶ビールが約7900ドンくらいらしい。

あれ?

これだとやっぱり計算しづらいな。


やっぱり、1000ドン = 5円と覚えた方がいいかも。


それなら、7900ドン 
= 約8000ドン = 5×8 = 40。

つまり、缶ビール一本は日本円で40円くらいとわかる。

うん、この方がわかりやすい。

てか、缶ビール40円てめちゃ安いな(笑)


結論、ベトナムと日本円へ換金するためには、
1000ドン = 約5円と覚えておけばよろし。

≫ Read More

スポンサーサイト

| ベトナム(ホーチミン)一人旅 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

格安航空会社専用ターミナル(LCCT)内のエアアジアのチェックインカウンターの場所







2014年5月9日より
マレーシアの
格安航空会社専用ターミナルが
LCCTからKLIA2に変更されました。

従って、この記事は現在は
当てはまりませんのでご注意ください。





今日は格安航空会社専用ターミナル(LCCT)内の
エアアジアのチェックインカウンターの場所を動画で紹介します。

少しわかりにく所にあるので、これからマレーシアのクアラルンプールに
旅行予定の人はチラリと見ておくといいと思います。



ちなみに、私は飛行機の往路、復路を共にWebチェックインしておいたので
手続きは印刷しておいたチケットとパスポートを提示するのと、
荷物を預けるだけでした。

Webチェックインは往路、復路ともにWebチェックインできるので、
事前にやっておいた方がいいと思います。

| ベトナム(ホーチミン)一人旅 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム一人旅 事前準備 ベトナムの調べ物







さて、9/30~10/3までベトナムのホーチミンへ
久しぶりに一人旅することにしました。

そのベトナム旅行一人旅のための
調べ物をしたのでいくつかここでまとめておきたいと思います。

・・・・・

まず、ベトナムで食べておくべき食べ物について。

1:バインミーというフランスパンのサンドイッチみたいなもの。

2:フォー(お米の麺)

3:バインセオ(ベトナム風お好み焼き)

4:生春巻き

5:フルーツ

う~ん、「これは絶対に食べたい!」という物は正直ない(笑)

ただ、最近、食生活を変えてベジタリアン気味だから、
色々なフルーツをたくさん食べてみようかなと思っています。

・・・・・

次にベトナムのネットに関して。

前回のマレーシア旅行と同様に

イモトのWi-Fi

を利用するつもりで予約もしておきました。

ちなみに、9/30~10/3までの4日間利用で約5000円でした。

ただ、今回帰りの10/3は深夜便。

つまり、全く利用しないのに利用料が発生するということになる。

ここはちょっと納得がいかないところ。

ただ、ドコモのパケ放題
一日2980円×4日=約1万2千円とは比べるまでもなく安い。

・・・・・・

次にホーチミンの空港からホテルへの移動について。

これはタクシーで行けそう。

というのは、ホーチミンの市内と空港はさほど離れてないのと
ホーチミンという街自体がさほど大きくないらしいから。

タクシーはチケットを買って乗るシステムで一律8ドルらしいので
これに乗って市内のホテルまで行こうと思う。

・・・・・

次にベトナムの言語について。

ベトナムは日本語はもちろん、英語も通じなさそう。

ただ、ベトナム語はわからないので、
英語でなんとか乗り切るしかないと思う。

ただし、一つだけベトナム語を覚えた

「カムオン」

ベトナム語でありがとう。

これは使おうと思う。

・・・・・・・

次にベトナムの電源について。

これは日本のコンセントがそのまま
使えるらしいので変換アダプターは必要なさそう。

電圧についても最近の電化製品はたいてい海外の電圧にも
対応しているので、神経質になる必要はほとんどないと思う。

ただ、海外に行くとコンセントの数が足りなくなると経験しているので、
今回は三つ叉のコンセントを持って行こうと思う。

・・・・・・

次にベトナムのカジノについて。

ベトナムにはカジノがあるらしい。

ただ、調べてみると規模が小さくてかなりショボそう。

もう少し調べてみる必要がある。

・・・・・

あと、ホテルはホーチミンの最も
有名な観光スポットのペンタイン市場の近くで取った。

ミフキ ブティック ホテル (Mifuki Boutique Hotel)

見た感じ高級そうなのに2500円と激安です。

しかも、朝食付き。

やっぱりベトナムって物価安いんだろうな。

5000円だせばかなりリッチなホテルに泊まれそうだから、
2日目はそういうホテルにしようかと思う。

以上、ベトナム一人旅の調べ物でした。

| ベトナム(ホーチミン)一人旅 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム(ドン)から日本(円)への一番簡単な計算方法







ベトナム(ホーチミン)の一人旅から帰ってきました。

色々なことがあったのですが、
今回の一人旅ではかなり大きなトラブルにあいました。

そのトラブルについても、これから書いていこうと思うのですが、
今回のベトナム(ホーチミン)旅行を通じて、海外へ一人旅をする人には
ぜひとも知っておいて欲しい情報がたくさんあります。

なので、今日からの記事はぜひとも読んで欲しいと思います。

それで、今日は一つ簡単なところで
ベトナムのお金(通貨)について体験談を話したいと思います。


これも、ベトナム旅行へ行く前の人には知っておいて欲しい情報です。

まず、ベトナムの通貨はドン (VND)です。

1000ドンが約5円。

10000ドンが約50円。

100000ドンが約500円。

1000000ドンが約5000円となります。

そして、私はベトナム旅行前に上記のように覚えていきました。


しかし、これが大きな、大きな、大きな間違いでした。


上記の数字を見てもらったらわかると思うのですが、
桁数が多すぎて、パッと見てそれが
一体何ドンなのかわからなくありませんか?

日本のお札は最大で1万円です。

私たち日本人は桁が多い数字を読むことになれていないので、
10万ドンなど桁数の多いお札を見てもすぐにそれが何ドンなのか
見分けることができないのです。

また、見分けることができたとしても、
例えば30万ドンなどを日本円へ計算する場合、

1000ドンが約5円。

10000ドンが約50円。

100000ドンが約500円。

1000000ドンが約5000円

このような覚え方をしていると、

「100万ドンが5000円で、その約3分の1だから・・・」

みたいに計算をしようとすると、計算するまでに結構時間がかかります。

ただでさえ、初めてのベトナムであたふたしがちなのに、
難しい計算をしようとしても、できない状況になることが何度もありました。

この経験でわかったことは海外旅行へ行く際、
現地のお金から日本円への計算は


【できる限り、直感的でわかりやすい計算方法でなければいけない】


ということを私は理解しました。

例えば、極端に言えば「現地の金額の10倍が日本円」のように
できる限りわかりやすい計算方法にしなければいけないのです。

なぜなら、その計算ミスで、
ぼったくりにあったりする可能性が高まってしまうからです。

実際、今回のベトナム旅行ではこのお金の計算を間違ってしまって
通常、100円くらいのタクシー料金を2500円も払ってしまいました・・・・。

なので、できる限り、シンプルで、
わかりやすく、直感的に計算できる方法にしなければいけません。

では、具体的に、
ベトナムのドンから日本の円に計算はどのように行えばいいのか?

それは


【ゼロを2つ取って、それを半分にすると日本円】


という計算方法です。

これを覚えてください。

例えば、500000(50万ドン)の場合なら、ゼロを2つ取ると5000です。

そして、5000を半分にすると2500です。

つまり、50万ドンは日本円で2500円ということになります。

この計算方法だとかなりわかりやすくないですか?

しかも、この計算方法の良いところは、
例えば、レストランなどのメニューを見て
15000ドンなどと書かれていたとします。

そうした場合、【指でゼロを2つ隠します】

すると150になるのがすぐわかります。

あとはそれを半分にすればすぐに計算ができます。

とにかく計算が楽なので、混乱することがありません。

ミスする可能性もグッとなくなります。

つまり、ぼったくられる可能性がなくなると言うことです。

今回ベトナム旅行をしましたが、
最終的にこの計算方法が一番楽で、
最初に知っておいたらよかったなと、強く後悔しています。

もし、あなたがベトナムへ一人旅へいく場合は、この計算方法


【ゼロを2つ取って、それを半分にすると日本円】


と覚えておいてください。

重宝すること間違いないと思いますよ。

| ベトナム(ホーチミン)一人旅 | 17:42 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム(ホーチミン)のATMの使い方 (キャッシング方法を動画で紹介!)







さて、私は、最近は海外旅行の際には両替ではなく、
クレジットカードでのキャッシングでお金をまかなうようにしています。

理由は24時間いつでも引き出すことが可能だから。

(キャッシングというと「借金」のように感じて、
躊躇する人が多いと思いますが借りても翌月に返すわけだから、
実際金利はほとんとかからないので心配するようなものではありません)

なので、今回のベトナム(ホーチミン)一人旅でも
キャッシングでお金を調達しました。

それで、ATMを操作しているところを撮影しました。

ベトナム旅行へ行く人には参考になると思うのでぜひご覧ください。




上記のように操作をすれば、
ベトナム(ホーチミン)でのキャッシングは難なくできると思います。

ただ、1点注意点があります。

それは、


【ホーチミン市内の大抵のATMでは引き出しの上限が
200万ドンに設定されているものが大半でした】



(動画のは空港にあったATM)

つまり、


【一回の引き出しの上限が1万円】


ということです。

そう、たったの1万円ずつしか引き出せないのです。

知っている人が大半でしょうが、
ATMを使用する場合は、手数料というものがかかります。

その手数料はすごく高いものではありませんが、
例えば3万円を引き出そうとして3回キャッシングを行えば、
その都度手数料がかかるわけで、
できる限り一回で大きな額を引き出したいと思うのが当然のことです。

しかし、ホーチミン市内の大半のATMの引き出し上限額は200万ドン。

これは正直かなりめんどかったし、
なんかぼったくられている感じがして気分が悪かった。

なので、ベトナム(ホーチミン)へ一人旅をする人は、
他の国よりは多めに現金を持って行った方が良いのかなとは思います。

あと、余談ですが、ベトナムでキャッシングする際に
気をつけなければいけないのは、ベトナムのドンの桁数の多さです。

例えば、1万円は200万ドンくらいなのですが、数字にすると

2000000ドン

です。

ATMで引き出し上限があるのでそんなことはないかもしれませんが
万が一桁を間違えて、1万円を引き出そうとして、
10万引き出したりしたらしゃれにならないですよね?

そのために、
ベトナムのドンから日本の円への計算方法を覚えておいてください。

それは


【ベトナムドンからゼロを2つ消して、半分にしたのが日本円】


です。

例えば、50万ドンなら?

500000ドンからゼロを2つ消すと5000です。

5000を半分にすると2500。

つまり、50万ドンは日本円で2500円くらいだとわかります。

これを理解しておけば
桁を間違ったりすることはないのでぜひ覚えておいてください。

| ベトナム(ホーチミン)一人旅 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。